Graphic Grand Prix by Yamaha

←TOP

PREV Next

作品概要

SHARE

  • mix
  • google+
  • twitter
  • facebook

TITLE

箱庭

作品解説

私は普段油絵を描いており、ホームページで作品を公開していますが、モニターで見た場合どうにも見栄えがしないと感じます。ウェブでの作品公開は、作家の存在と作品のだいたいの雰囲気を知ってもらうには有効ですが、アナログ絵は実物を肉眼で見た方が絶対良いのに損だよなあと思ってしまいます。

ならば油絵をデジタルに寄せてみるのはどうか?と、自分の絵を素材にデジタルでコラージュしてみました。私の『好き』と『時間』がギュッと詰まった箱庭です。

作者プロフィール

喜多 明狸

NAME

喜多 明狸

1986年 奈良生まれ
2010年 京都市立芸術大学油画科 卒業

油絵・布立体(ぬいぐるみ)を中心に制作活動中。

website:http://noragaro.s1.bindsite.jp/




作者のコメント

『始まりは個人的な問題でも、それをじっくり掘り下げて強さに変えていけばいい』…という、時代の空気にそぐわない頑固な姿勢で制作をしており、『あー、ハイハイ』『やれやれ』と思う人もいるだろうなとイジけた気持ちがあったのですが、今回、『それも一つの良さだよね』と言って頂けた様で少しホッとしました。

審査委員からの作品評価

油彩で一度描かれた作品をデジタルで再構成した作品ですが、コラージュとは思わせないような最初からの一体感があり、アナログとデジタルの方法論上の融合が極めて自然に行われていることが評価されました。

主催

YAMAHA ヤマハ株式会社

+

YAMAHA ヤマハ発動機株式会社

TOP